ムダ毛のお手入れ脱毛最新情報

ムダ毛のお手入れ脱毛最新情報※あなたをツルツルにする情報

ムダ毛の悩みを解決する為の情報案内、人気脱毛サロンや自分で脱毛出来る脱毛器具、ムダ毛処理の豆知識体験談など

腕毛で女性のたくましさUP

読了までの目安時間:約 3分

 

男性が幻滅するムダ毛 「腕」

 

毛深い人とそうでない人の差が激しい腕の毛。

ほとんど生えず、処理なしでもツルツルしている女性もいれば、

男性並みに生えている女性まで。

 

長さや濃さもまちまちで、色白の人は手首あたりの毛穴が黒くポツポツしてしまっている場合も。

 

女性でも特に気にしている人が少ない部位ですが、

 

男性も同じく気にしないのかと言えば、そうではないのです!!

 

 

細くて柔らかい毛質が多い腕なので、長い間ほったらかしの女性もいますよね。

 

 

普段はそれでも大丈夫なのですが、気をつけたいのがアウトドア!!

 

日の当たり方によって毛に日光が反射して、毛深いわけではないのに、毛深く見えてしまう事があるのです!

 

そんな経験ありませんか?

 

太陽の光の下だと、友達の顔の産毛や、普段は全く存在感のない太ももの毛などが、

 

光り輝いて大量発生しているように見えてしまう。

 

毛穴が目だつ、日焼けする、など、その他の理由でも明るい野外は敬遠したい所です。

 

 

そして、男性が女性の腕毛を見た時、幻滅と言うより「男らしさ」を感じてしまうようです。

 

華奢な感じがしていた細身の彼女が、急にたくましく見えた。

 

尊敬ともとれなくもない感想ですが、果たしてこれは良い事なのでしょうか?

 

男性からたくましい扱いは・・・あまりされたくないですよね?

 

 

あのムダ毛処理方法は今!?●脱色剤編●

読了までの目安時間:約 3分

 

一時ちょっと流行りましたが、最近ではすっかり廃れてしまった「脱色」

 

商品は今でも見かけますが(目立たない場所に)、脱色している人・・・いるのでしょうか?

 

プロダクトが売られていると言う事は、いるのでしょうね・・・?

 

 

 

 

SAKURA姉は昔むかしに、中学校の部室で友達と興味本気で試した事があります。

 

「キャーキャー」言いながら、実験!と言う名目で(笑)

 

本気で試した事がないので、実体験レポートはし兼ねます、あしからず・・・

 

 

 

 

 

エステサロンで安く永久脱毛できるようになった今日、

 

脱色する価値ってあるのでしょうか?

 

 

自己処理による脱毛方法、剃ったり抜いたりするムダ毛処理はお肌に悪い!

 

それで、脱色剤を用いて黒い毛を目立たなくする、と言う方法を使います。

 

(理由はそれしか思いつきません)

 

髪を金髪に染めたから、おそろいで体毛も☆

 

って事も、もしかしたら・・・あるのかもしれませんが・・・

 

 

 

脱色とはムダ毛の色素を薄くする事で、一般的には脱毛クリームやオキシドールなどを使用します。

 

脱色剤を塗って決められた時間放置すれば、黒色色素がどんどん抜けていって、あとは洗い流すだけ☆

 

要領的には、脱毛クリームに似ていると言えます。

 

 

ただし、脱毛はムダ毛が処理されますが、脱色はムダ毛は量も長さもそのままです!

 

 

どこで買えるのか?

 

ドラッグストア、ディスカウントショップで扱っている場合があります。

 

ネットショップでも手軽に購入できて、種類は全部で35くらい。

 

(同じブランドの 無臭タイプなどもカウントに含めた場合)

 

値段は平均すると約1000円。

 

輸入品はもうすこし高めの料金設定になっています。

 

男性用かみそりと女性用カミソリ

読了までの目安時間:約 3分

 

カミソリでムダ毛の処理をする時、どんなカミソリをお使いですか?

 

SAKURA姉が中学生の頃は、父親のひげ剃りでこっそり剃ってました(笑)

 

結婚しているご夫婦だと、奥さんが旦那さんの髭剃りをこっり共有する事も多いようですね。

お店には、男性用のカミソリと女性用のカミソリと言う様に、別々の商品が売られています。

使い捨てタイプの男女兼用と思えるパックもありますね。

(温泉やホテルに備え付けられているカミソリ)

 

男性用のカミソリはデザインや色使いが男らしく、

また、女性用は女性が好むような色使いや丸みのあるデザインです。

どっちが男性用、女性用なのか分かりやすいですね。

(ホテルなどのかみそりは白一色が大半)

 

デザインや色使い以外に違いはあるのでしょうか?

 

 

まず刃そのものが違います。
女性用のカミソリは3枚刃や5枚刃といったように、複数の刃を持っています。

これは、素肌に当たる刃の数を多くすることで、一回の滑りで処理できる毛の数を増やすようにする工夫です。

 

何度も肌の上を滑らす事からの、お肌への摩擦やダメージを軽くするためですね。

 

カミソリのヘッド部分も形状が異なります。
女性用カミソリは皮膚が張るのを助けるような形になっていてます。

脇やヒザなどの、曲面した箇所も剃りやすいように工夫されています。

 

握り手の部分も男性用と女性用では異なります。
男性用は直角ですが、女性はヘッドに対してカーブを描くような形です。

これはひじやワキなどもしっかりシェービングするための工夫。

 

男性が女性用を使っても問題ないですし、その逆でも全く問題ありません。

ただ、男性や、剛毛の女性には、女性用ではちょっとパワー不足で剃りにくいようです。

 

多種多様;シェービング剤

読了までの目安時間:約 3分

 

ムダ毛を剃って処理する時の必需品と言えば、

剃りやすくするだけではなく、お肌の保護効果もあるシェービング剤です。

 

フォーム、ジェル、クリーム、ローション、オイルと、さまざまな形状がありますが、

それぞれのメリット、デメリットは?

 

 

●フォーム

プシュッと押すと、豊かな泡が出てきます。

その柔らかな泡を肌にのばして行くだけで剃る準備が整います。

 

メリットは、泡が肌にしっかりと乗るため、たれ落ちたり流れたりと言う心配が無いこと。

お肌のガード面でも優れています。

 

デメリットは、泡が真っ白で豊かなため、剃っているお肌が見えない。

油断すると剃り残しが出来てしまいます。

 

●ジェル

メリットは、何と言っても視認性。

たっぷり塗ってもお肌がしっかり確認できるので、そり残しなく綺麗に仕上がります。

 

デメリットはひんやりした使い心地のため、刺激が苦手な人からは人気が薄い。

寒い季節は特に敬遠されがちと言う事。

 

●ローション

メリットはウォーターベースなので、恥にすっと馴染むこと。

べたつきがなくさっぱり爽やかな使い心地です。

 

デメリットは、その乾きやすさ。

広い部位を剃る場合は特に、広範囲に塗っても時間と共に乾いて行くので、何度も塗り直しが必要になる事。

お肌のガード力が弱いため、敏感肌には不向きです。

 

 

 

これ以外にも、クラシックなソープ、しっとり感のあるクリームワックス

お肌の弱い人にお勧めのオイル、などもあります。

 

 

お肌の状態や使いやすさを考えて、自分にあったスタイルを選べば、

ムダ毛のシェービングがぐっと楽になります☆

 

 

色素沈着による黒ずみ;原因はムダ毛の自己処理

読了までの目安時間:約 2分

 

肌の色素沈着は、摩擦や傷によって起こります。

 

ムダ毛の自己処理によっても、特にワキや足に多く色素沈着が見られます。

 

何となく全体に黒ずんでいる様に見える場合から、毛穴や特定の範囲だけに、茶褐色のポツポツとなって見られる事もあります。

 

色素沈着の原因は、肌への強い刺激です。

 

カミソリや毛抜きで自己流でのムダ毛処理を繰り返していると、皮膚や毛穴の表面など決まった部分が刺激を受け続ける事になります。

 

お肌をその刺激から守ろうと体が反応し、表皮の最下層でメラニンを発生させるのす。

 

本能による防衛手段とも言えますね。

 

カミソリや毛抜きでの自己処理だけでも肌への刺激となってしまうのに、

 

紫外線を浴びたり、目の粗い洋服を着用してお肌に摩擦を与えたりすると、

 

更に肌への刺激が重り、メラニンの発生が活発化してしまいます。

 

 

色素沈着が気になる場合は、ムダ毛の処理方法に気をつけ、

お肌にも保湿効果の高いローションを使用するなどして、徹底したケアを施しましょう。

 

また、紫外線をできるだけカットし、

ファッション性を重視するだけではなく、お肌に優しい服装を心がけて下さい。

 

1度色素が沈着してしまうと、なかなか治す事ができないので、

出来ないように予防する事が大切です。

タバコを吸うとムダ毛が濃くなるの真相

読了までの目安時間:約 3分

 

タバコの喫煙は、百害あって一利なし!

 

 

たまに耳にする事のある「タバコを吸うと、無駄毛が濃くなる」という噂は本当なのでしょうか?

 

 

ムダ毛には遺伝的要素が多く含まれるのですが、

 

ホルモンのバランスとも深い関係があります。

 

不規則な生活をしていると、ホルモンバランスが崩れ、抜け毛の原因になります。

 

ニコチンもその原因要素の1つです。

 

ニコチンは血管を収縮させる働きを持っていて、

 

頭皮の血の巡りを悪くさせ、薄毛や抜け毛の要因となってしまいます。

 

 

 

少し難しいですが、

 

「血液中のヘモグロビンが毛細血管を傷つけ、血管が硬くなり、血の巡りが悪くなる」

 

と言う事なのです。

 

 

それなら無駄毛も薄くなって綺麗になるのでは?

 

と思われるかもしれませんが、残念ながらそんなラッキーな事は起こりません。

 

実際はその逆。

 

タバコを吸うと女性ホルモンが減少します。

 

女性ホルモンが減ると、男性ホルモンが活発化してしまいます。

 

男性ホルモンが増えると言う事は、男性化してしまうと言う事で、

 

そうなれば当然ムダ毛が濃くなります。

 

そんな事、絶対に嫌ですよね!

 

 

「タバコを吸うと、ムダ毛が濃くなる」は本当でした!

 

ムダ毛が濃くなってしまうのも嫌ですが、タバコは美容面でも健康面においても害となります。

 

健康的に綺麗になりたいのであれば、まずはタバコを控えましょう。

 

ムダ毛は剃っても濃くならない

読了までの目安時間:約 3分

 

「毛を剃ると濃くなる」

 

と言う話を、聞いた事がある人はたくさんいますよね。

 

これが本当であるなら、「剃る」と言うムダ毛処理方法は、絶対に避けたい!!

 

でもこれは、本当の話なのでしょうか?

 

 

 

答えを先に言ってしまうとコレは、

 

「医学的根拠のない噂」

 

「ただの迷信」

 

です。

 

 

剃っても剃っても、濃くなる事はありません☆

 

 

では何故、そんな噂が立ったのか?

 

それは、剃ってムダ毛を処理すると、実際に濃くなっているように見えるからなんです。

 

剃ると毛先よりも断面積が広くなるために起こる目の錯覚。
特に日本人のように毛が黒いと、なおさらそう感じてしまうのです。

 

 

そしてもう1つ。

 

ムダ毛の処理を始める時期が原因となっています。

 

自分のムダ毛が気になりだし、処理を始める人が多いのが10代。

 

体毛が濃くなり始める時期も10代に入ってからです。
「剃れば剃るほど濃くなってしまった・・・」

 

と言う思い込みが起こってしまうのはそのためです。

 

実際は、剃った、剃ってないは関係なく、成長と共にムダ毛の量が増えていっただけ。

 

剃っても濃くならないとは言え、

 

「剃る」と言う脱毛方法は、お肌にダメージを与えます。

 

長期的に剃り続けていると、その刺激から色素沈着を起し、肌自体が黒々としてしまう場合もあります。

 

 

真相が解明されてほっとした後ですが、

 

「剃る」ムダ毛処理は慎重に行って下さい。

イソフラボンでエストロゲンを増やす

読了までの目安時間:約 3分

 

年をとればとるほど、ムダ毛が濃くなる女性の体。

 

年をとって、女としての賞味期限が近づいてきても、

 

お肌はツルツルでいたいですよね。

 

 

ムダ毛の量や濃さは、ホルモンのバランスに影響されます。

 

女性ホルモンの分泌が活発ならば、

 

女性らしいきめ細かやかな肌になり、産毛程度の体毛しか生えません。

 

 

 

しかし、

 

男性ホルモンが多く影響し始めると、たちまち毛が濃く太く、男性のような毛深い体になってしまします。

 

 

日常生活の改善が1番良いのですが、いくら気をつけていても、

 

忙しい毎日の中で、知らず知らずにバランスは崩れていきます。

 

 

そんな時に強い味方になるのが、

 

イソフラボンを含む食品。

 

イソフラボンを多く含む代表と言えば「大豆」。

 

大豆イソフラボンは女性ホルモン(エストロゲン)と同じような働きをします。

 

減少してしまった女性ホルモン(エストロゲン)を大豆(イソフラボン)で補えば、

 

女性ホルモンの割合が増え、男性ホルモンの働きを抑制できると言う訳です。

 

 

●納豆

 

●豆乳

 

●豆腐

 

●油揚げ

 

●大豆煮

 

 

などの食品に多く含まれる「イソフラボン」。

 

 

食品として取り入れるのが難しい場合は、

 

毎日 「グラス1杯の豆乳を飲む」だけでも十分です☆

 

 

女性ホルモンの減少は、ムダ毛の増加だけではなく、

 

他にも深刻な影響を及ぼすとされています。

 

 

サプリメントで補う事もできます。

 

イソフラボンの力を借りて、ずっと綺麗でツルツルお肌を保っていきたいですね。

 

 

本当は必要な体の無駄毛

読了までの目安時間:約 3分

 

無駄毛と呼ばれ嫌われがちな体毛ですが、

 

どの毛も大切な役割を果たしています。

 

 

 

特に重要な役割の1つが、体の保護

 

自然の防御方法として、人間には毛が生えています。

 

 

 

毛は体の大切な部分に密集して生える事をご存じですか?

 

 

頭髪は

 

  • 暑さ、寒さから守るため。
  • 直射日光を遮断し紫外線を防ぐため。
  • クッションの役割をし打撃や衝撃を和らげるため。

 

 

などの役割を果たします。

 

 

他に毛が密集して生えている場所と言えば、「アンダーヘア(陰毛)」

 

アンダーヘアも生殖器を守る為に生える、保護毛

 

無駄毛として処理の対象になりやすい毛ですが、

 

生殖器を極度の冷えやショックから守る為に必要な大切な毛。

 

 

脇毛にも皮膚同士の摩擦を和らげて、肌へのダメージを軽減させる役割があります。

 

 

 

 

睫毛や眉毛には、汗や誇りなどの異物が目に入るのを防ぐ役割、

 

鼻毛はフィルターとして、空気中のゴミやチリを吸い込んでしまうのを防ぐ役割があります。

 

 

人間にも猿の様に体毛がたくさん生えていた時代がありました。

 

時が流れ、衣類を身につけることで体の防御、保温が出来るようになったため、

 

不要な毛は退化し、今日では大半の毛は産毛として名残を残している程度です。

 

 

現代にもしっかり生え残っている毛は、それだけ体を守る為に重要な毛だと言えますね。

 

 

 

 

 

 

 

無駄毛、気にしすぎの日本人

読了までの目安時間:約 3分

 

世界中で最も無駄毛を気にする日本人。

 

 

「無駄毛」に対しての意識が高い、

 

言い方を変えれば「気にし過ぎ」

 

 

 

日本人ほど、脱毛 脱毛と騒ぐ人種はまれで、

 

「別に生えていても気にしない」人種がほとんど。

 

 

 

 

実際ハリウッド映画などで、体がズームで映し出された時、女性01

 

女優さんの腕が金色の毛でキラキラしているって事がよくありますよね。

 

 

腕に毛が生えているのは自然な事で、

 

脱毛して処理すると言う感覚がないのです。

 

 

毛が無い = 美しい

 

 

「WHY?」

 

外人さんから見れば、理解不能の日本人思考ですね。

 

 

 

 

そもそも英語には、

 

日本語で言う「無駄毛」にぴったりの言葉が存在しません。

 

UNWANTED HAIR (要らない毛、不要な毛)

 

と言う言葉はありますが、

 

「無駄な毛」 ではないのです。

 

 

無駄 と不要 の意味は違います。

 

 

 

そう言う訳で、日本にいる外人さんはちょっと目立ちますよね。

 

「毛を生やしっぱなしにしている」言う点で。

 

 

彼女たちは全く気にしていないのですけどね☆

 

 

美容面では、無駄毛がなくツルツルしている状態の方が、

 

お肌も綺麗に見えますし「脱毛」するメリットはあります。

 

 

しかし、衛生面、健康面で考えると、

 

あったからと言って害が生じる訳ではありませんよね。

 

 

美意識が高いのは良い事ですが、

 

日本人ほど気にし過ぎてしまうのはどうなのでしょう・・・

 

 

 

笑いが止まらない美容業界。。。