ムダ毛のお手入れ脱毛最新情報

ムダ毛のお手入れ脱毛最新情報※あなたをツルツルにする情報

ムダ毛の悩みを解決する為の情報案内、人気脱毛サロンや自分で脱毛出来る脱毛器具、ムダ毛処理の豆知識体験談など

手作り豆乳ローションで抑毛効果

読了までの目安時間:約 2分

 

手作り豆乳ローションが流行っています☆

 

SAKURA姉はまだ作った事も、使った事もないのですが、

 

ここで一緒にお勉強していきたいと思います♪

 

 

豆乳ローションとは、豆乳に含まれる大豆イソフラボンの働きで、ムダ毛を減らしたり、薄くしたりする効果を狙ったもの。

 

イソフラボンには女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きを持つと言われていますから、

効果が期待できそうです。

 

それにこの豆乳ローションには美肌効果、体臭予防効果、バストアップ効果もあるそうです。

 

必要な材料

●成分無調整豆乳200ml
●レモン1/2個
●消毒用エタノール20ml
●ざる
●不織布、または油漉し紙2枚とキッチンペーパー2枚
●化粧水の容器1個

 

作り方の手順

①レモンの果実を搾る。レモンの外皮が入らないように気をつけます。

②成分無調整豆乳を鍋に注ぐ

③弱火で火にかける

④60℃から65℃になったらレモンのしぼり汁を入れる

⑤分離してきたら火を止める。

⑥消毒用アルコールを入れる

⑦豆乳ローションを絞る準備をする

⑧容器に移して、豆乳ローションの出来上がり。

 

 

あとはこのローションを、ムダ毛の気になる部分に朝晩2回すり込むようにして付けるだけ☆

早い人では約2週間後から効果が実感できるそうです。

 

市販されていますが、買うと結構お高いですね。

Oライン処理でセクシーライフ

読了までの目安時間:約 2分

 

Oラインとは肛門周辺。

よく耳にするOライン脱毛とは、肛門周辺のムダ毛を脱毛することです。

 

アンダーヘア(V、I、O)の中で最も自分で確認しにくい、

自己処理が困難な部位です。

 

毛量には個人差がって、うっすらと産毛程度に生えている人から、

 

お尻の割れ目の最先端にまでもしゃもしゃ生えている人もいます。

 

ないに超した事のないOラインの毛ですが、自分で間違った処理をすると、思いがけない皮膚のトラブルを招く事があります。

 

そうした面でもデリケートなOラインはプロに任せて脱毛する方が安心です。

 

Oラインは自分では確認しにくく、状態が把握しきれてない場合が多いので、

見られるシチュエーションに至った時、女性はかなり気にしてしまいますよね。

 

セクシーな下着で彼氏を喜ばそうと思っても、

ムダ毛がはみ出ていたのでは逆効果です。

 

セクシー下着は、毛が無い事が前提でデザインされている事が多いので、

Vラインをちょこっと自己処理では甘いと言えます。

 

 

Oラインの脱毛は衛生面でも役に立ちます。IラインやOラインは、どうしても下着やナプキンなどで蒸れたりして不衛生になりやすい部位ですね。
生理中も、この部位がツルツルの方が不快感も少なくなり、何かと便利です。

 

 

 

胸の谷間の毛、乳輪の毛

読了までの目安時間:約 3分

 

女性にも胸毛が生えます

 

男性の様にワイルドに生えている女性こそいませんが、

 

生えていない人の方が珍しい程。

 

濃さの程度は人それぞれで、産毛程度の人から、もう少し長めの毛、または太めの毛などがあります。

 

裸にならないと見えないし、ブラで隠れる場所だから。

 

と処理を怠っている女性のみなさん、胸の谷間の毛を忘れていないですか?

 

寄せて、上げて、盛ってと、そのサイズにはとてもこだわる女性たち。

 

そんなマジックブラで究極の谷間を作り、胸元の開いたトップでセクシーに☆

 

 

でも・・・ちゃんと胸元チェックしていますか?

 

 

日の当たり加減や、光の反射で思っている以上に毛深く見えたりするものです。

とくに男性が目を凝らして凝視する谷間。

意外とムダ毛、そして毛穴、目立っていませんか?

 

私は、コレを使ってデリケートな胸元の無駄毛を処理してます

子供にも使える程、優しい成分で出来ているので安心



胸元にも使えるムダ毛専門化粧品が25%OFF
 

脱いだ時に男性がもっと凝視する乳首。

 

乳首の周りの乳輪にも、毛が生えている確率は結構高いもの。

 

脱毛サロンでも胸、乳首周りコースがある位ですから、

 

意識している女性もたくさんいるのでしょう。

 

胸元の毛が男性の様に濃くなる事はマレですが、

 

ホルモンの分泌が盛んな乳輪には、数本太くて黒い健康な毛が伸びている場合があるのです。

 

 

毛抜きですぐに処理できてしまうので、大げさな処理方法は不用です。

 

いざと言う時にそなえて、乳輪の周りの毛はいかなる時でも必ず処理しておきましょう。