ムダ毛のお手入れ脱毛最新情報

ムダ毛のお手入れ脱毛最新情報※あなたをツルツルにする情報

ムダ毛の悩みを解決する為の情報案内、人気脱毛サロンや自分で脱毛出来る脱毛器具、ムダ毛処理の豆知識体験談など

胸の谷間の毛、乳輪の毛

読了までの目安時間:約 3分

 

女性にも胸毛が生えます

 

男性の様にワイルドに生えている女性こそいませんが、

 

生えていない人の方が珍しい程。

 

濃さの程度は人それぞれで、産毛程度の人から、もう少し長めの毛、または太めの毛などがあります。

 

裸にならないと見えないし、ブラで隠れる場所だから。

 

と処理を怠っている女性のみなさん、胸の谷間の毛を忘れていないですか?

 

寄せて、上げて、盛ってと、そのサイズにはとてもこだわる女性たち。

 

そんなマジックブラで究極の谷間を作り、胸元の開いたトップでセクシーに☆

 

 

でも・・・ちゃんと胸元チェックしていますか?

 

 

日の当たり加減や、光の反射で思っている以上に毛深く見えたりするものです。

とくに男性が目を凝らして凝視する谷間。

意外とムダ毛、そして毛穴、目立っていませんか?

 

私は、コレを使ってデリケートな胸元の無駄毛を処理してます

子供にも使える程、優しい成分で出来ているので安心



胸元にも使えるムダ毛専門化粧品が25%OFF
 

脱いだ時に男性がもっと凝視する乳首。

 

乳首の周りの乳輪にも、毛が生えている確率は結構高いもの。

 

脱毛サロンでも胸、乳首周りコースがある位ですから、

 

意識している女性もたくさんいるのでしょう。

 

胸元の毛が男性の様に濃くなる事はマレですが、

 

ホルモンの分泌が盛んな乳輪には、数本太くて黒い健康な毛が伸びている場合があるのです。

 

 

毛抜きですぐに処理できてしまうので、大げさな処理方法は不用です。

 

いざと言う時にそなえて、乳輪の周りの毛はいかなる時でも必ず処理しておきましょう。

 

 

ムダ毛の濃さは遺伝する?

読了までの目安時間:約 3分

 

毛深い事がお悩みの女性に、この事実は辛いかもしれませんが、

 

残念ながら、ムダ毛の多さ、つまり毛深い毛深くないは遺伝します。

 

絶対に遺伝する!訳ではありませんがその確率は極めて高い物となっています。

 

自分の毛深さがコンプレックスで、将来結婚して子供が出来た時の事を不安に思ってしまう人も多いようです。

 

もし、娘が出来て毛深さが遺伝してしまったら・・・と。

 

特に全身脱毛や、完璧な自己処理でツルツル肌をキープしていて、

 

今の旦那や彼氏は、本来の姿を知らないと言う場合・・・

 

 

剛毛だった事がばれてしまうのではないかと、悩むそうです。

 

 

その気持ちは分かりますよね。

 

彼氏に嫌われないように、もっと好きになってもらえるようにと、

 

ムダ毛を必死で処理してきたのですから。

 

 

 

 

毛の薄いムダ毛の処理とも無縁なタイプの母親でも、

 

全身毛むくじゃら、まるでエイプのような父親だとしたら・・・

 

同じ親から生まれた兄弟、姉妹であっても毛の濃さはそれぞれ違ってきます。

 

つまり、配合の問題ですね。

 

 

また、両親がツルツルだから安心出来るわけではなく、
隔世遺伝も影響するので、ある程度成長するまで毛深さは分かりません。

 

両親が、普通の毛量でも祖父母や近い親戚に、剛毛や毛深い方がいらっしゃれば、
それを引き継ぐこともありえます。

 

そして細くて弱い毛よりも太くて強い剛毛の方が遺伝しやすい性質を持っています。

 

 

結婚を躊躇してしまっている女性の方、

 

親類に1人でも剛毛の方がいれば、それだけで生まれてくる子供が剛毛になる可能性が出てきます。

 

剛毛だった過去の自分がバレる事などないので、安心して下さい☆

 

 

生まれたての赤ちゃんが毛深い理由

読了までの目安時間:約 2分

 

赤ちゃんのお肌はツルツル、スベスベ。

女性の誰もが憧れる美肌です。

 

そんな肌自慢の赤ちゃんたちも、生まれたての頃は悩みがありました。

それは、体毛。

 

 

生まれたばかりの赤ちゃんって結構毛深いってご存じですか?

 

出産経験のあるママならもちろん経験していますが、

 

未婚で出産経験の無い、これまで赤ちゃんと接する機会もなかったと言う人が、案外知らない事実です。

生まれたての赤ちゃんには背中、脚、腕、耳たぶにまで、毛がいっぱい生えている事は珍しくありません。

 

むしろ、それが普通だと言っても良い程です。

 

赤ちゃんの体毛、ちゃんと理由があるのです☆
赤ちゃんに毛がたくさん生えているのは、赤ちゃんを羊水の刺激から守るため。

 

動物本来の本能で、毛で体を覆って体を守っているのです。

この産毛や胎毛の濃さや量は、赤ちゃんそれぞれ差があります。

 

たとえ体中にびっしりと生えていたとしても、

月齢が進んでいくうちに、抜け落ちたり、衣類や布団でこすれたりなどして、徐々に薄くなっていきます。

赤ちゃんがちょっと成長して、お外でお散歩したり、一緒にお買い物したり出来るようになる頃には、

 

誰もが知る、あのツルツルのモチモチ肌に生まれかわっていると言う訳です☆