ムダ毛のお手入れ脱毛最新情報

ムダ毛のお手入れ脱毛最新情報※あなたをツルツルにする情報

ムダ毛の悩みを解決する為の情報案内、人気脱毛サロンや自分で脱毛出来る脱毛器具、ムダ毛処理の豆知識体験談など

すぐに治したい埋没毛!自分でできるプチ手術●準備編●

読了までの目安時間:約 3分

 

皮膚の中で伸びてしまう「埋没毛」。

いったんこうなってしまうと、

 

●自然に消えて無くなるのを待つ

●取り出す

 

の2つに1つしか方法がありません。

たまに自然に出てきてくれる毛もありますが、ほとんど無い、と言っても良いでしょう。

 

SAKURA姉のお勧めは、

針などで毛穴を作り、導き出してあげる方法です。

埋没毛の「プチ手術」と呼んでいます。

 

わたしもこの埋没毛、何度も経験しています。

1度は自己流プチ手術の失敗で、脇が腫れ上がり、

ドクターで切開する本気の手術になってしまった事も・・・

 

プチ手術に挑戦される方は、

必ずSAKURA姉の注意事項!守って下さいね!

 

表面でプツプツしている埋没毛は、

出てくる可能性が0ではないので、この状態ではいじりません。

 

プチ手術が必要なのは、

皮膚の中で確かに伸びている埋没毛。

肌を透かして、黒い毛が横向きに伸びているのが見えるはずです。

 

ライン96用意する物ライン96

 

●安全ピン(針より滑りにくく、持ちやすい)

●毛抜き

●ライター

●ティシュペーパー

 

 

ライン96下準備ライン96

●安全ピン

 

いろいろなサイズがありますが、自分が最も扱いやすいサイズでOK。

左右に開いて、Vのような形にします。

 

安全ピンは水で洗った後、火であぶって消毒しておきます。

 

●手

 

直接手で患部に触れるので、綺麗に洗います。

 

●肌

 

シャワーを浴びるか、入浴で肌を清潔にします。

それが出来ない場合は、濡らしたタオルで、擦って肌を傷付けないように、

優しく拭きます。

脇の場合、特に制汗スプレーなどを使用している人は、石けんで綺麗に洗い流して下さい。

 

 

準備が整いましたか?

 

それでは プチ手術マニュアルで、実践してみましょう☆

 

 

 

 

風邪をひいていたり、体調が良くない時は

トラブルが起きやすいので、やめておきましょう。

皮膚の下で伸びる埋没毛

読了までの目安時間:約 3分

 

 

埋没毛(埋もれ毛)とは、皮膚内で伸びてしまっている毛の事。

とくに肌の柔らかい「脇」によく見られる状態です。

 

ライン7原因ライン7

 

無駄毛の自己処理方法の1つ、

「抜く」と言う行為での発祥が大半を占めています。

undefined

ひっぱって毛を抜くと、毛穴と皮膚も同時に引っ張られます。

気づかない程の小さな傷でも、

肌は自然治癒能力を使って、損傷した肌を再生させようとします。

これにより、本来あるはずの毛穴が塞がってしまい、

毛は出口を無くしてしまいます。

毛穴が塞がり、皮膚の外に向かって伸びられなくても、毛は成長を続けます。

 

ライン7症状ライン7

 

皮膚の中で毛がどんどん伸びるため、

皮膚が盛り上がってボコボコ凸凹してきます。

毛が伸びるにつれ、ボコボコ凸凹は酷くなります。

 

痒みを伴う事も。

 

 

ライン7さらに悪化した症状ライン7

 

塞がった毛穴が炎症を起し、

熱を持って腫れ上がったり、中に膿が溜ったりします。

 

痛みを伴い、酷くなると発熱するケースも。

 

 

ライン7治し方ライン7

 

ずっと放置しておけば、やがて毛は寿命を迎え、

死んだ毛は吸収されなくなります。

ですが、時間は果てしなくかかります。

 

無駄毛を気にして「脱毛」を行った女性が、

悠長にこの時が来るのを待つなんて、無理ですよね!

 

直ちに何とかしたい!

そんな場合は自分でプチ手術を行い、取り出すしかありません。

*状態によってはドクターによる切除手術になる場合も。

 

自分で行うプチ手術については、

 

すぐに治したい埋没毛!自分で簡単に治す方法 で

 

詳しくご紹介します星55

 

結構テクニックがいりますので、指先に自信の無い方にはお勧めできません(;^ω^)

 

そして施術の際は、必ず自己責任で!

 

毛抜きを使った脱毛のデメリット 毛穴のふさがりが原因の埋没毛に注意

読了までの目安時間:約 3分

 

脱毛の強い味方「毛抜き」undefined

 

値段、使いやすさ、お手軽さ、確実さ、

良い点(メリット)がたくさんです☆

 

では、逆に悪い点(デメリット)は何か?

まとめてみました☄☄☄

 

 

 

●時間がかかる

広い範囲をツルツルに仕上げたい時。

毛抜きで1本1本抜いていたのでは、果てしなく時間がかかってしまいます。

 

●埋没毛

毛穴がふさがり、伸びた毛が行き場をなくして、

皮膚内で毛が伸びてしまう事。

横に伸びたり、丸まって伸び続ける毛もあります。

 

●色素沈着で黒々

毛穴が開いている状態で、日光を浴びてしまうと、

紫外線に含まれるメラニン色素が沈着し、黒々お肌になってしまいます。

おひさま

●ザラザラ ぶつぶつ肌

毛と一緒に肌も一緒にひっぱるので、肌がたるむ。

表面がザラザラになったり、鳥肌のようにぶつぶつになってしまう事も。

 

●痛い

場所によっては痛いです。

黒い毛根のついた元気な毛に比べて、

毛根の白くなった成長を終えた毛は、尚更痛い!

 

●血が出る

大量にではありませんが、血が出る事もあります。

毛穴内部を傷つけてしまったからですね。

 

●ワキガ

毛穴へのダメージが大きいと、細菌感染を起し

脇の臭いがキツクなる事も。

undefined

 

このように、デメリットも多い「毛抜き」による脱毛です。

 

SAKURA姉も、いくつかのトラブルは経験しました。

 

そんなトラブルお断り!

っと言う方へは、もちろんお勧めできませんが、

 

①清潔な状態で(入浴後やシャワー後)手も綺麗に洗う。

②毛の生えている方向に合わせる。

③処理後の肌は熱を持ち、毛穴が開きっぱなしになっているので、

怖い最近感染を防ぐため、冷たい濡れタオルで冷やす。

④制汗スプレーは絶対禁止、汗をかく程の運動を控える。

 

と言うお約束をきちんとまもれば、

「毛抜き」を使った脱毛でのトラブル、そんなに恐れる事はないですよ☆