ムダ毛のお手入れ脱毛最新情報

ムダ毛のお手入れ脱毛最新情報※あなたをツルツルにする情報

ムダ毛の悩みを解決する為の情報案内、人気脱毛サロンや自分で脱毛出来る脱毛器具、ムダ毛処理の豆知識体験談など

男性型多毛症

読了までの目安時間:約 2分

 

多毛症とは、女性の体毛が異常に多い状態の事です。

多毛症になる原因はいろいろあって、複数の要因が重なっている事も少なくありません。

多毛症になってしまったら、その原因を突き止め、それぞれに適した治療を行なう事で症状を軽くすることができます。

 

多毛症は男性型多毛症と、一般的な多毛症の2種類に分けられます。

ここでは男性型多毛症について説明します。

 

男性型多毛症になると、太いくてしっかりした毛や黒色色素の濃い黒々とした毛が生えてきます。

毛質だけでなく、生え方もまるで男性ようになってきます。

例えば、口ひげ、あごひげ、胸毛、肩、下腹部、背中、太腿の内側の毛などが過剰に生えてきます。

多毛症は体のあらゆる部分で毛の成長が著しく増えてしまう病気です。

(男女共に発病します)

男性の場合、、男性型多毛症であっても少し人より毛深い、程度で悩んだり受診する人がいないので、患者数は圧倒的に女性が多くなります。

女性の場合は、男性型多汗症の発病と平行して、ニキビが生じたり、声が低く男性のようになったり、頭髪の脱毛が見られる事もあります。

一般的に言う「オス化」が始まるのですが、ホルモンのバランスが原因となる男性多毛症の場合、考え方や感じ方も男性寄りになってくる様です。

ムダ毛のメカニズム

読了までの目安時間:約 3分

 

ムダ毛とは体に生えている毛、体毛の事ですよね。

 

余計な毛、不用な毛、つまり要らない毛、そんな毛の事をわたしたちはムダ毛と呼んでいます。

 

余計で不用な毛でも、ちゃんと体から生えて成長を続けている毛。

その仕組みをちょっと勉強してみましょう☆

 

 

体毛は皮膚が変化したもので、人間の体毛の数は約500万本あるといわれています。

これは平均的な数値なので、とても毛深い人はもちろんそれ以上!

 

そのうち皮膚の表面に出て、目に見えている毛は130万本~140万本程。

体毛の約3分の2が皮膚の中にあります。

毛には毛周期と呼ばれるサイクルがあって、

成長期、退行期、休止期を繰り返していきます。

 

 

ちょっと難しいですが、毛根の構造については、

 

毛幹:一般的に体毛と呼ばれている部分

毛根:皮膚内部にある毛組織全体のこと

毛孔:毛幹が出てくるところ

毛球:球状にふくらんでいる毛根の最下部毛

乳頭:毛母細胞に栄養分を送る働きをします

毛母細胞:体毛の元となる部分。脱毛の施術では毛乳頭や毛母細胞を破壊します

毛包:毛根全体を取り巻いている組織

 

毛の成長の速度は部位によって大きく差が開いていて、

1日あたりに伸びる毛の長さは

 

●わき ー 約0.3mm

●腕 ー 約0.2mm

●陰毛 ー 約0.4mm

●脚 ー 約0.2mm

 

最も早く伸びる陰毛は毛周期が早く、早く抜け替わるため、

頭髪のようになが~くなる事はありません。

 

 

 

 

海外の花嫁さんもムダ毛がボーボー

読了までの目安時間:約 3分

 

海外生活の長いSAKURA姉ですが、

 

文化の違いからか、いつも驚かされるのが花嫁さんのムダ毛。

 

仕事柄、いろんな人のウェディングに出向くのですが、日本の花嫁さんのように、ツルツルピカピカお肌で式に臨む女性は少数派です。

 

特にヘアスタイルやドレスには強いコダワリを見せるのですが、

 

本人のムダ毛の処理はと言うと・・・全然だめです。

 

まずは「腕」

 

純白のウェディングドレスを身にまとった、綺麗な花嫁さんですが、

 

キラキラ キラキラ 腕毛を輝かせている人が多数派。

 

輝いているのは良い事ですが、ムダ毛が反射して光っているのはどうなのでしょう?

 

 

ブロンドの花嫁さんだけではなく、もっと色素の濃い腕毛の女性も、

 

ナチュラルなまま挙式を挙げています。

 

本人は気にしていないし、そんな毛を気にする人がいるとも思っていないのでしょうね・・・・

 

 

そして「ひげ」

 

お顔にひげ、生えてる割合も高い!

 

ある時たまたまメイクを担当していたのが、同じ日本人の女性だった時、

 

メイク最中、傍らに立って作業を見学していたのですが、

 

メイクを施されていく花嫁さんを見て思った事。

 

ヒゲがボーボー、そして顔中産毛がすごい!

 

さりげなくメイクさんに指摘してみたのですが、

 

こっちの人は多いのよ。メイクしにくいったらありゃしない!

 

って言ってました。

 

剃ってあげれば良いのに・・・・とSAKURA姉は思ったのですが、

 

そっちの方が失礼にあたるのかも。

 

それ以来花嫁さんの鼻の下には注目です!